10« 2006 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

PSP-23 (にーさん)

PSP・NGPを応援していこう!というブログです。PSP・PS3・NGPなどの最新情報から噂まで、浅く広く取り扱っています。

最近のコメント

今日は

カテゴリ

月別アーカイブ

おすすめ

ブログについて

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

PSPの考察~その3 

では前回 に引き続き、今回もPSPがいまいち売れない理由を考えてみました(・∀・)


ソフトがなくてもなんとかなる


これもPSPを語る上では外せませんね。


そもそもPSPは発売前から「ゲームだけじゃない」と宣伝されてきたので、ある意味仕方ないと言えます。

PSPは静止画・動画の閲覧、音楽の再生、そして無線によるインターネットと、ゲームソフトを買わなくても十分に楽しめます。


これはSONYも想定内だったと思います。


が、SONYにとっての最大の悩みの種は、エミュレータなどのいわゆる

自作ソフト」です。


これはある意味ハードの販売台数を牽引したとも言えます。ユーザーにとっては、FC、GB、SFC、GBAなどのゲームがPSP一台でプレイできるからです。


しかしそれでは当然PSPのソフトが売れなくなりますね。

するとメーカーは、「PSP向けのソフトの製作を見合わせよう」ということになってしまいます。

そして・・・      

?    メーカーがゲームを作らなくなる

            ↓

        ゲームが出なくなる

            ↓

        PSPが売れない

            ↓

       当然ソフトも売れない

            ↓

      さらにゲームが出なくなる

            ↓

      PSPがさらに売れなくなる

            ↓

         PSPダメじゃん

              

   メーカー:じゃあDSでソフトを出そう!

???                     

という悪循環に陥ってしまいます。


正直に言って私も自作ソフトにはお世話になっているので、自作ソフト断固反対という訳ではありません。

SONYは自作ソフトを完全に禁止しようとするのではなく、もっと機転を利かせたアイデアを出してほしいですね。



はい、今回もこれにて終わりたいと思いますが、まだまだ他にもあります。

それはまたまた次回ということで(^_^;) 

ご愛読ありがとうございましたm(_ _ )m

スポンサーサイト

△page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。