07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

PSP-23 (にーさん)

PSP・NGPを応援していこう!というブログです。PSP・PS3・NGPなどの最新情報から噂まで、浅く広く取り扱っています。

最近のコメント

今日は

カテゴリ

月別アーカイブ

おすすめ

ブログについて

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

PSP-3000 の発表をズバッと考察! 

おそらく前情報も出尽くしたところで、今回の発表を考察。

あくまで、PSP-23管理人一個人の考察ですので。



▼PSP-3000に対する評価


まずはじめに、ズバリ今回のPSP-3000を採点するとしたら、採点不可


○理由その1: 


メインターゲットは日本国外のユーザーであると言えること。

さらにその理由ですが(笑)、発表の場がヨーロッパであったこと。

それに加えて、PSP-2000が日本国内で好調の今、1年足らずでの型番変更は明らかに

国外ユーザーに向けてのアピールだと考えられます。


PSPは海外では完全に消化不良、日本との温度差はかなりのものです。

大作の発表も途絶え、話題を作るための発表とも考えられるでしょう。


日本でのPSP-3000発売は、海外と歩調を合わせるためにある意味「仕方なし」

と言えるかもしれません。


○理由その2:


今回の型番変更は、違法DLに対する措置でもあると考えられるからです。

以前、SCEE(ヨーロッパ)の代表が違法DLへの対策を実施する と宣言していました。

すでに、Flashの書き換えが(今のところ)できなくなっている基板へと変更がなされていますが、

10月発売ということで、さらにセキュリティが強固なものへと変更されるかもしれません。


○最後の理由:


単純に変更点・見どころが少ないことです^^;

右アナログスティックなどの搭載を希望する声もありましたが、あくまで型番変更なので

PSPはPSPです。

PSP-3000でないとプレイできないソフトが発売されれば、それはもはや次世代・PSPでしょう。

大きな変更をマイクと液晶に絞ったのは、妥当な決定だと思います。



個人的には、採点不可というよりも「規定打席に未到達」というイメージがしっくりきます。

3割2分打ってるけども、50打席みたいな?



▼SCEさんへの評価


で、SCEさんの姿勢には喝!でもアッパレ!でもなく、まぁまぁをあげたいと思います。


おそらくPSP-2000のコストもこなれてきたのでしょうか。

欧州では2000から据え置きの169ユーロ(ソフト+1本で199ユーロ)で販売されることが決まっています。


仮にこのままPSP-2000の販売を続けていれば、コスト削減できた分をそのまま利益に

つなげられる訳です。(少なくとも日本では)

なので今回のマイク内蔵と液晶高の品質化は、利益確保よりもユーザーにより良いものを

届けたいという思いが伝わってきます。(多分)


ですが、PSP-2000を発表してから僅か1年ほどで新型を発表してしまうのは、

内容がどうあれ良ろしくはありません。


というわけでまぁまぁ。



▼今後期待すること


本体に関しては、まず「PSP-2000」をどうするのかをハッキリしてほしいです。

個人的には、早期の値下げ(あるいはオープン価格への変更)を期待します。


今回の発表で、誰がどう考えても本体の買い控えが起こります。

2000の方が価格的に有利とあれば、3000まで待てないという方への後押しになるでしょうし。


具体的には、18,000円あたりには頑張って持っていってほしいところ。


なお、カラバリ展開をどうするのかも気になるところですね。

コスト面で初めは相当厳しいでしょうし、海外はカラバリに力を入れない傾向なので

当分は無いような。


とりあえず、現状ブルーメ・シリーズはPSP-2000だけです。



今後期待することなので、月並みですが今後はソフトの充実をですね・・・。

若干危惧していたとおり、これから年末あたりまでは空白の期間になっちゃいそうです。

残念ながら。


そのための発表でもあったようにも、思います。



▼PSP-3000は買い?


まず、PSP-1000ユーザーでそろそろ買い替えを考えていたならば間違いなく買い。


PSP-2000ユーザーなら見送りが妥当でしょうが、液晶にすごく惹かれる・Skypeやトークマンを

頻繁に利用する・新しいものが好きなど、それなりの理由があれば十分買いでしょう。



▼最後に


とりあえず型番変更はこの辺りで止めにして、次の発表は新型ではなく

新機種であってほしいです。


デュアルアナログ・SIXAXIS・キーボード・有機ELなどは、ドカンとまとめて

次世代PSPで!


皆さんも思うところがあれば、ビシビシとコメント欄まで。



■関連記事:

『PSP-3000』 日本で発売決定、仕様が公開に

『PSP-3000』 新液晶ディスプレイの詳細

『PSP-3000』 本体画像

SCE、PSPソフト違法DLへの新対策を進行中?



↓カラーによっては破格の8%OFF!

PSP「プレイステーション・ポータブル」 ラベンダー・パープル(PSP-2000LP) PSP「プレイステーション・ポータブル」 フェリシア・ブルー(PSP-2000FB)

PSP「プレイステーション・ポータブル」 ラベンダー・パープル(PSP-2000LP)

PSP「プレイステーション・ポータブル」 フェリシア・ブルー(PSP-2000FB)


PSP「プレイステーション・ポータブル」 ローズ・ピンク(PSP-2000RP) PSP「プレイステーション・ポータブル」 ミント・グリーン(PSP-2000MG)

PSP「プレイステーション・ポータブル」 ローズ・ピンク(PSP-2000RP)

PSP「プレイステーション・ポータブル」 ミント・グリーン(PSP-2000MG)

関連記事

△page top

2006年より6年間、ありがとうございました♪

コメント

△page top

コメントの投稿

※連投、なりすましはIPアドレスで分かります。

△page top



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。