07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

PSP-23 (にーさん)

PSP・NGPを応援していこう!というブログです。PSP・PS3・NGPなどの最新情報から噂まで、浅く広く取り扱っています。

最近のコメント

今日は

カテゴリ

月別アーカイブ

おすすめ

ブログについて

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

「Games Japan Festa2007」プレイレビュー【Wii編】 

Wiiですよ、Wii。


敵に勝つには敵の情報を知ることが重要ですからね~

フェスタでは3タイトルプレイしてきました♪



・Nights


プレイ時間は10分ほど。(1ステージ)

サターン版のプレイ経験はなし。



生まれて初めて、Wiiコンを持ちました。

スタイルはヌンチャクで、左手でアナログスティックを操作、

右手でリモコンのボタンを操作する形でした。


画面は幻想的な色づかいで、十分綺麗です。

が、PS2に毛が生えた程度でしょうか。


プレイする前は完全3Dアクションだと思い込んでいたので、

少々操作にてまどりました。

Wiiだからリモコン、ということに意識がいきすぎていたのか、

なかなか真っ直ぐに飛べませんでした(^_^;)


アナログで進む方向を操作、Aボタンでスピン・加速で、

わっかをくぐることで、左下に加速するためのゲージが貯まっていきました。


鳥を追っかけて鍵を入手、ボスステージまで辿りつきましたが、

どんくさすぎてあえなくタイムオーバー^^;


アナログをくるっと回転させ、ナイツの軌跡で輪を作るのですが、

それが攻撃になるということがなかなか理解できませんでした。



ここまでの文章の通り、はっきり言ってWiiであることに特に意味はないです。

PS2でもおそらく同じゲームが作れるでしょうね。


気合の入ったコスチュームで、綺麗なおねーさんがレクチャーしてくれた

ことを差し引いても、大絶賛するようなゲームではないかも(笑)

ですが普通におもしろいので、Wiiユーザーは知っていて損はないでしょう。


マリギャラ同様、見ていて複雑なのでゲーム初心者の方は敬遠しそうな

気がするのは、気のせいでしょうか。


ちなみにボスはでっかい魚でした。

いまいましいデカ魚め・・・。

セガ
ナイツ ~星降る夜の物語~ 特典 ナイツ・パペッチフィギア MODEL NO.X001付き


・バイオハザード アンブレラクロニクルズ


プレイ時間は10分ほど。

2人プレイ。


こちらで正真正銘Wiiリモコンを初操作。


友達と2人バキュンバキュンとゾンビ達をやっつけました。

Wiiザッパーとやらは無しで、私はリモコンのみ、

友達はヌンチャクスタイルでした。


感想はゲーセンにありそうなゲームだな~、という感じです。

リモコンに慣れないせいか、少々操作が忙しかったです。

ナメクジみたいなのを振り払ったり、アイテムを拾ったり・・・。


ポインタの精度は普通で、完璧でもダメでもなくといった感じです。


とくに周辺機器を買わずとも、お家でガンシューティングができるというのは

非常に魅力ではないでしょうか。


ただ小さなお子様には、内容的にも難易度的にも向いていないかも。


カプコン

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ



・Wii Fit


バランス年齢チェックモード+1ゲームを体験。

時間にして10分くらい。



ある意味一番楽しみにしていたタイトルです。

変な履き物をはかされて、レッツエクササイズ!しました。


バランスボードはかなり大きく、人より足のデカイ私でも余裕でした。

体重は140kgあたりまでいけるとか・・?


3種類のゲームをやるか、バランス(体?)年齢をチェックするモードかを

選択するよう言われたので、年齢チェックを選びました。

ゲームはスキーとかサッカーのPKの様なものや、フラフープとかが

ありました。


まずは生年月日を聞かれ入力。月日までです。

次に身長を入力。

で、現在の服装を軽装(1kg)・厚着(2kg)・なし??から選択。

あと性別もありました。


で、あとはボードが体重を計ってくれてBMIを算出。

私は無事に"標準"でした(^_^;)

体重はクリックすると見れる仕様でした。


体脂肪計測などは全然無理なようで、少し期待はずれでしたね。



その後はいざバランスチェック。


板にまっすぐ立ち、重心をチェック

途中、「左に傾いているかな」と思い微妙に右に寄せてみると、

結果は重心移動が軌跡で表示され、微かですがしっかりと途中で右に動いていました。


精度はなかなか良いようです。


お次は片足立ち

利き足で30秒間静止します。


バランスが崩れると針が振れ、左右どちらかの枠に振れるとアウトです。

時間が経つごとに幅が狭くなり、すこしゲーム要素も。

私は30秒耐え切りました。


で、それらが終わるといよいよバランス年齢の測定です。

Miiが胸をおさえて緊張した面持ちに。



結果は22才でした♪



これが良いのか悪いのかは、ご想像にお任せします。

まあ脳トレにしろ、いきなり良い結果は出ないのが定石ですが。



その後5種目くらいの中から、1つを選んでゲームがプレイできました。

私はスキーを選択。いわゆる回転というやつです。(スキージャンプもありました)


重心を傾けるとその方向に曲がり、前に傾けると加速します。

普通に進んでいると曲がりすぎ、加速させると曲がりにくく、かなりの

苦戦を強いられました(^_^;)


旗の間をいくつか通った後ゴール、バランス度?が65%と測定されました。

あまり良くないようでした。



以上レビューでしたが、Wii Fitはつまらないとは思いませんが、

CMのような光景を想像していると確実に肩透かしをくらうでしょうね。


ぶっちゃけた話、ボードの上でウネウネとくねっているだけで、

楽しくやるには多少オーバーにする必要があるでしょう。


隣で小さな女の子がハイテンションでフラフープを回して

いましたが、画面と全く連動しておらずやや残念な感じでした。



結構値もはりますし、任天堂はこれだけで板を見捨てることは

ないでしょうが、これを今後フィットネス以外でどう使うかかなり

疑問に思いました。

精度が高かったとしても、しょせんはアバウトな入力しかできません

からね・・・。


バランスボード、一家に一台という時代が来るんでしょうか。


任天堂
Wiiフィット(「バランスWiiボード」同梱)


■関連記事:

「Games Japan Festa2007」プレイレビュー【PSP編】


関連記事

△page top

2006年より6年間、ありがとうございました♪

コメント

△page top

コメントの投稿

※連投、なりすましはIPアドレスで分かります。

△page top



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。