07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

PSP-23 (にーさん)

PSP・NGPを応援していこう!というブログです。PSP・PS3・NGPなどの最新情報から噂まで、浅く広く取り扱っています。

最近のコメント

今日は

カテゴリ

月別アーカイブ

おすすめ

ブログについて

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

「Despertar del Cementerio v3」使用方法 

PSP-1000、2000両対応です


遅ればせながら、「Despertar del Cementerio v3」を紹介します。

このツールによって、純正FWからCFW3.71M33-2への書き換え、もしくはCFW3.71M33-2から純正FW3.71への復帰が可能となります。

2007年12月現在、FW3.80まで対応が確認されています。


フラッシュ書き換え等に失敗した新型PSPを復活させることもできるようになります。(Flash書き戻し)



~必要なもの~


・CFW 3.52 M33-3 以降が導入済みのPSP本体(1000/2000)
・Pandora's Battery
・Magic Memory Stick


・「Despertar del Cementerio v3」本体

・公式FW1.50のアップデートデータ
・公式FW3.40のアップデートデータ
・公式FW3.71のアップデートデータ


※「Pandora's Battery」と「Magic Memory Stick」作成方法はこちらの手順I.~XVIII.



~導入の流れ~


CFWのPSPで「Magic Memory Stick」をCementerioに適応させる

その「Magic Memory Stick」と「Pandora's Battery」を使いCementerioを実行


実行は自己責任で。



~導入方法~


1.

使用する「Magic Memory Stick」を完全に空にしてください。

PSPでのフォーマットはダメです。


2.

「Cementerio」本体をDL・解凍。


3.

メモステのルートフォルダに「PSP」フォルダ、さらにその中に「GAME」フォルダを作成。

「GAME」フォルダに、解凍して出てきた「despertar_cementerio」フォルダをコピー。


4.

公式FW1.50、3.40、3.71のアップデートデータを、それぞれ150.PBP340.PBP371.PBPにリネーム。

すべてメモステのルートフォルダへコピー。


5.

XMBから「Despertar del Cementerio」を起動。(3.xxkernelモードで)


6.

英文が表示されるので、×ボタンを押して実行。

完了するとXMBへ戻されます。


7.

これで「Magic Memory Stick」の適応作業は完了です。



8.

「Cementerio」を実行したいPSPに、ACアダプタ等を一切接続していない状態で、先の手順で作成した「Magic Memory Stick」のみを装着、その後「Pandora's Battery」を装着。


9.

自動的にPSPが起動し、英文のメニューが表示されます。


10.

ここからは押すボタンによって結果が変わってきます。


×ボタン:CFW371 M33-2をインストール

○ボタン:公式FW3.71へ
□ボタン:NAND Flashのバックアップ
Lトリガー+Rトリガー+start+home: NAND Flashの書き戻し(危険が伴います



11.

お疲れ様でした。以上で完了です。

尚、再起動は通常のバッテリーで行ってください。


FW3.71への書き戻しに使用するので、371.PBPは削除しないでください。



繰り替えしになりますが、実行は自己責任で。


これで万が一の場合にも対処できるようになりますね~(・∀・)

それでは、よきPSPライフを。



関連記事

△page top

2006年より6年間、ありがとうございました♪

コメント

△page top

コメントの投稿

※連投、なりすましはIPアドレスで分かります。

△page top



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。