09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

PSP-23 (にーさん)

PSP・NGPを応援していこう!というブログです。PSP・PS3・NGPなどの最新情報から噂まで、浅く広く取り扱っています。

最近のコメント

今日は

カテゴリ

月別アーカイブ

おすすめ

ブログについて

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

SCEJ、PS3廉価版40GB・カラバリ・現行モデルの値下げを発表! 

いろいろ来ました~



発表された情報をまとめますと、


・廉価版PS3(40GB)を11月11日に、39,980円(税込)で発売。

PS2(PS1も?)との互換性を完全に排除した廉価版モデルとなる。

つまりは、先日SCEEが発表したものと同じ。


画像のようにカラバリが展開され、新たにセラミック・ホワイトPS3が登場します。

廉価版PS3のみで、日本独自カラーの模様。


(質量が、現行の約5キロから4.4キロに変わっています。誤差の範囲?

ちなみに600gは旧型PSP2台分ほどです)


・これに併せて10月17日より、現行PS3である20GB・60GBモデルをそれぞれ5,000円ほど値下げし、

44,980円(税込)・54,980円(税込)へと変更することも決定しています。



・さらに、TGSで発表された「DUALSHOCK®3」が同11月11日に、5,500円(税込)で発売されます。

カラーバリエーションは廉価版PS3と同じく、ブラックとセラミック・ホワイトを用意。

なお、いずれのPS3にも同梱はされない。




新「プレイステーション 3」(CECHH00シリーズ)
2007年11月11日発売 希望小売価格39,980円(税込)
40GBのHDDを標準搭載し、2色で登場
クリアブラック(CECHH00)/セラミック・ホワイト(CECHH00 CW)

~PS3®専用ワイヤレスコントローラ(DUALSHOCK®3)~
2007年11月11日発売決定 希望小売価格 5,500円(税込)



さて、予想に容易かったように、発売1周年となる11月は攻め込んできますね。


今回の決定はことあるごとに批判される、庶民離れした価格を見直すための苦肉の策でもあるでしょう。

足かせになっていたPS2との互換機能をなくし、身軽になり価格を下げる。


多くの点において、私はいい決断だと思いました。



PS2は世界ですでに1億台以上普及しており、PS2との互換性がなくても困ることはないという方は大勢いるでしょう。

PS2発売当時と同じ4万円弱という価格の実現は、それに対しての大きな見返りだと思います。


HDDの容量は40GBと半端な気もしますが、20GBと比べると随分と余裕が出るはずです。

また60GBと同じく無線LANを搭載しているので、良いとこどりと言えるでしょう。



一方で気になる点も、些細なことですがいくつかあります。


まず、「DUALSHOCK®3」が完全別売りであること。

価格の面で同梱するとコストが上がるのは確かに分かりますが、もてるもの全てを出さず、セーブしてしまっていることは残念です。


2つ目は月並みですが、PS2との互換排除によりPS3の魅力が減ったことですかね。

PS3にはアップコンバート機能というものがあり、ソフトによってはPS2タイトルが非常にキレイなグラフィックになるそうです。

始めからなかったと思えばいいかもしれませんが、せっかくの技術を活用できないのはもったいないですね。


そして最後は、ハードをお買い上げになったユーザーへのその後のサービスです。


いずれ安くてより良い製品が出るのは、ゲーム機だけでなくいろいろな商品の宿命ですが、

SONYさんは他社と比べ、「買ってもらったら後はこっちのものだ」という感じがします。

(PS3/PSPにはアップデート機能がありますが、それは置いておきます)


これからPS3を買った人には、ブルーレイをプレゼント!とかあるようですが、

当然既存のユーザーへは何もなし。

「DUALSHOCK®3」も新商品扱いで、これまでのユーザーへの裏切りともとれます。


早く買っておけば後々何かいいことあるぞ、と思わせるのもなかなか良いと思うのですがね~

(携帯電話事業なんかは、最近シフトしつつありますね)



まあ何はともあれ、非PS3ユーザーには選択の幅が広がることになり、新規ユーザー獲得への大きな足がかりとなると思います。


PS3®用ソフトウェアのさらなる開発強化とラインアップの充実に伴い、「プレイステーション 2」専用ソフトウェアとの互換性を有しておりません。

との言葉どおり、PS3タイトルをより一層充実させていくことが、やはり既存のPS3ユーザーへの一番の還元方法であり、SONYさんの義務でもあるでしょう。



前に言っていた のですが、11月は「PS3向上月間」を予定していますので、何卒よろしくお願いします。


関連記事

△page top

2006年より6年間、ありがとうございました♪

コメント

△page top

コメントの投稿

※連投、なりすましはIPアドレスで分かります。

△page top



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。